toggle
2018-10-24

グルメな人、注目!!「炭火焼ソーセージ酒場Salumeria(サルメリア)」の絶品ソーセージ

レッサーパンダです。いよいよ食欲の秋本番ですね。先日、京都府立文化芸術会館にイッセー尾形さんのお芝居を見に行きましたが、その帰り道、素敵なレストランに寄り道しました。本場さながらの「こだわりソーセージ」を食べさせるお店。名前はずばり「炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria(サルメリア)」と言います。劇場から歩いて5分ほどの場所、河原町通沿いにある小さなお店です。

河原町通り沿いにあるお店。狭い間口から想像するより店内は意外と広いのです。

河原町通り沿いにあるお店。狭い間口から想像するより店内は意外と広いのです。

超人気でも行列させない大人の酒場

このお店を紹介してくれた友人曰く、金曜の夜に予約無しで入店できたのは本当にラッキーだそうです。

ソーセージと相性の良いドイツビール。クラフトビールの種類も多い。

ソーセージと相性の良いドイツビール。クラフトビールの種類も多い。

すごく人気のある店で普段は予約をとるのも大変だそうです。普通、商売っ気のある店なら席が空くまで並ばせたりするのですが、このお店は行列禁止!いっぱいなら入店を断るか、時間をあけて再来店を促すそうです。その辺り、とても「大人な店」です。

柔らかく、味わい深い生ハム。ちょうど良い塩加減の生ハムにビールがすすむ。

柔らかく、味わい深い生ハム。ちょうど良い塩加減の生ハムにビールがすすむ。

京都エリアの「ビブグルマン」としてミシュランガイドで紹介

皆さん、「ビブグルマン」という言葉をご存じでしょうか。これ世界的に有名なミシュランガイドの評価指標のひとつなのです。ミシュランは従来から星の数(星1つから星3つ)で世界中のお店を格付けしてきました。そんな中「ビブグルマン」は、その格付けからは外れるものの「安くておススメできる店(概ね5000円以下)」というミシュランの推奨店に与えられる称号なのです。「炭火焼ソーセージ酒場Salumeria(サルメリア)」はこのカテゴリーで3年連続選ばれており、ミシュランのお墨付きをもらった特別なレストランなのです。

噂の自家製ソーセージに完全にやられました!!

このお店に足を運ぶ目的は何といっても「ソーセージ」です。料理長はソーセージに対してかなりのこだわりがあるようです。加工は全て店内で行います。

ソーセージにはポテトとサラダが付け合わせで添えられます。ワンプレートはドイツ風。

ソーセージにはポテトとサラダが付け合わせで添えられます。ワンプレートはドイツ風。

厳選したお肉を冷凍せず一晩塩漬けにしたあとで挽肉にするのですが、鮮度が落ちないように腸詰にする寸前にひきます。ちなみに食感を楽しめるように粗挽きにした肉と、細挽きにしてペースト状にした肉の 二種類を混ぜ合わせて腸詰めにしています。

手前が自家製ソーセージ。奥がチョリソ風のちょっと辛いソーセージ。味の違いが楽しめる。

手前が自家製ソーセージ。奥がチョリソ風のちょっと辛いソーセージ。味の違いが楽しめる。

ソーセージは土佐備長炭を使用し、じっくりと焼き上げられるのですが、焼き上がりを待つ間の何とも香ばしい匂いがたまりません。外はプリパリ、中はジュワァーっと肉汁たっぷりです。最初にひとくち齧る瞬間は至極のひと時です。

ジューシーな自家製炭火焼ソーセージ。切ってみると皮が「パリッ」と音をたてます。

ジューシーな自家製炭火焼ソーセージ。切ってみると皮が「パリッ」と音をたてます。



まれに見る最強の最小ユニット!料理長と店長のみのお店!

来店客が絶えない人気のレストランなのですが、何とスタッフは2名だけです。おひと方は料理長の久保田さん、もうおひと方は店長の増田さん。お二人ともかなり個性的で面白い経歴の持ち主です。久保田料理長の出生地はドイツ、バイエルン州シュヴァーバッハ。 幼少期をソーセージの本場で過ごした人です。片やサービス全般を一人で切盛りする増田店長は、ソムリエでバリスタ。イタリアで政府公認バリスタの資格を取得されています。カウンター越しにお二人にお話を聞いたのですが、仕事のリズムや会話の様子などからレッサーパンダにはこのお二人がまるで兄弟に見えました。

黒胡椒がたっぷりかけられたペペロンチーノ。ニンニクの香りがたまりません!!

黒胡椒がたっぷりかけられたペペロンチーノ。ニンニクの香りがたまりません!!

【薪窯ナポリピザ フォンターナ】

当然、血縁の無い赤の他人なのですが、まるで双子のように息がピッタリです。その事をお二人に言うとお互いに「えぇ~こんな奴にそっくり!?」とお互いに罵り合い、笑いあう。そんなやり取りの中に心通う温かさを感じました。これが「炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria(サルメリア)」を有名にしている秘訣なのかもしれませんね。

自家製のデザートも種類が豊富でどれにしようか目移りしてしまいます。

自家製のデザートも種類が豊富でどれにしようか目移りしてしまいます。

そういえば、以前、行った予約のとれない有名店「ビストロ・ヤナギハラ」も料理長とマダムが二人で切り盛りしていました。この「料理長ひとり、サービス担当ひとり」という組合せ、実は阿吽の呼吸で分りあえる最強のユニットなのかも知れませんね。

バリスタである店長がいれる素敵なデザインのカフェ・ラッテ。値段は1ユーロで時価です。

バリスタである店長がいれる素敵なデザインのカフェ・ラッテ。値段は1ユーロで時価です。



時が止まる大人の隠れ家レストラン

ソーセージ以外にも生ハムや手打ちのパスタなど、自慢の一品が沢山ある店です。どれも、かなり高いレベルです。専門店が気張って出すような一皿が、何気なくさらりとカウンターに現れます。店内の雰囲気もカジュアルだけど大人な雰囲気です。カップルだけでなく、御一人様にもちゃんと居場所が用意されているし、場所柄(京都府立医科大学の側)、女医さんのグループがワインを飲みながら真剣な議論をしていたり・・・と何だかこの店の奥行きを感じさせる客層です。本当にリラックスして料理と会話が楽しめます。

グループやカップルなど客層は本当に様々。広いカウンターには美人の御一人様も。

グループやカップルなど客層は本当に様々。広いカウンターには美人の御一人様も。

その居心地の良さに、はっと気づくともう日付が変わる時間。すっかり長居をしてしいまいました。また一つ、通いたい店に出逢えました。今日はミシュラン・ビブグルマンに選ばれたソーセージの美味しいお店「炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria(サルメリア)」のお話でした。それでは、またね。

炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria(サルメリア)

住所:京都府京都市上京区出水町258

電話:075-708-2926

交通:京阪電鉄「神宮丸太町」3番出口から 5分

営業時間:月~土曜日 18:00~翌3:00、日曜日18:00~24:00

※翌月曜日が祝日の場合、日曜日を翌3時まで、月曜日が24時となります。

料金:ソーセージ1300円~、パスタ1480円~



Sponsored Link




タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)