toggle
2018-12-29

浅井食堂・京都下鴨で出逢った、こだわりハンバーグ!!

レッサーパンダです。前回のブログで「美人になれる神社」河合神社に出かけたお話を書きました。その神社の近くに美味しい洋食屋さんがあるという話を聞いていたので出かけてみることにしました。でも、その場所がよくわからなかったので、こちらもシナモンロールで有名なナカガワ小麦店で買物のついでにお店の場所を教わりました。とても親切に教えてくださいました。

下鴨の有名ベーカリーなかがわ小麦店で買物をした際にお店の場所を教えてもらいました。

下鴨の有名ベーカリー・ナカガワ小麦店で買物をした際にお店の場所を教えてもらいました。

河合神社の帰り道、お昼ごはんに立ち寄ったレストラン!何だか期待できそう!!

下鴨本通りに接する東鞍馬口通を50mほど西に入った角にその店はありました。「浅井食堂」といいます。周りは静かな住宅街です。

趣のある浅井食堂の看板。すごくレトロな感じですが、実はお店ができてほんの数年です。

趣のある浅井食堂の看板。すごくレトロな感じですが、実はお店ができてほんの数年です。

こんなロケーションで商売上手く行くのかなと思えるような立地です。早速お店に入ってみました。時刻は午前11時15分。土曜日ということもあり既に店内は満席状態です。落ち着いた赤い革張りの椅子、ウォールナットのカウンターなど、よく手入れの行き届いた設えです。客層は人気を聞きつけたカップルや女子のグループ、長年通い詰めている風の年配のご夫妻など、その雰囲気から、お客に愛されている店である事が伝わってきます。この店、期待できるかも💛。

浅井食堂の外観。場所は下鴨の住宅街のまんなか。はじめ客層がちょっと想像つきませんでした。

場所は下鴨の住宅街のど真ん中。立地と外観からは客層がちょっと想像つきませんでした。

地元ではよく知られたハンバーグのお店

以前、人から聞いた話だと、この店、昭和レトロなインテリアですが開店からまだ4年ほどしか経っていないようです。以前は長年続いた喫茶店だったとか。改めて店内を見てみると赤い椅子はかなり年季が入っています。

喫茶店時代から使われていたとおぼしき、赤い革張りの椅子。年季が入っています。

喫茶店時代から使われていたとおぼしき、赤い革張りの椅子。年季が入っています。

また、ちょっと洋食と縁がなさそうな、おじいちゃま、おばあちゃまが普通にフォーク&ナイフを使っている様子はかなり昔からの常連さんのように見えます。レストラン以前の歴史がなせる業のようです。ほとんどの人が頼んでいる料理はハンバーグです。「浅井食堂のハンバーグは美味い!!」というのが地元では常識となっているようです。

名物・浅井食堂ハンバーグ。ボリューム満点の180g。デミグラスの池に浮かびます。

名物・浅井食堂ハンバーグ。ボリューム満点の180g。デミグラスの池に浮かびます。

しっかりした外皮。中は柔らかく、ナイフを入れると透明で綺麗な肉汁が溢れ出ます。

しっかりした外皮。中は柔らかく、ナイフを入れると透明で綺麗な肉汁が溢れ出ます。

美味しいハンバーグ!お店によってこんなに違う!!

京都市内には「ハンバーグの美味しいお店」が何店舗もあります。例えば北大路にある「グリルはせがわ」、伏見にある手作りハンバーグの「とくら」、丸太町の「グリル デミ」、岡崎の「グリル小宝(こだから)」などなど・・・。京都は意外にもハンバーグ激戦区なのです。ハンバーグといえばテレビのCMに出てきそうなステレオタイプを思い浮かべてしまうのですが、どの店にも個性があり独自の路線でお客を楽しませています。

シェフはソムリエでもあります。お料理にあう厳選ワインも楽しめるのです!!

シェフはソムリエでもあります。お料理にあう厳選ワインも楽しめるのです!!

この店と北大路の「グリルはせがわ」などは、ゆっくり歩いて15分ほどの距離にあるというのに、連日ファンが足を運び、両店ともに繁盛しているようです。「はせがわ」のハンバーグは少し柔らかくて、何といっても200gのボリュームが売りです。ソースもケチャップタイプからホワイトソースまでバラエティーに富んでいます。片や今回おじゃました浅井食堂のハンバーグは外がけっこう硬めで、中がジューシー(鉄板と蒸し焼きの合わせ技)。

天然の有頭海老を贅沢に使ったエビフライ。ハンバーグに負けない自己主張があります。

天然の有頭海老を贅沢に使ったエビフライ。ハンバーグに負けない自己主張があります。

ソースもじっくり煮込んだこだわりのデミグラスです。まさにハンバーグの王道です。また、天然海老を使ったエビフライやクリームコロッケなど、単なるハンバーグの引き立て役ではないミックスフライも絶品です!!『たかがハンバーグ、されどハンバーグ』なんとも奥が深いのです。

ランチメニューにはサラダとパンorライスにくわえ1ドリンクがサービス。白ワイン最高!!

ランチメニューにはサラダとパンorライスにくわえ1ドリンクがサービス。白ワイン最高!!

美味との出会いは一期一会、河合神社のお導きかも(笑)

今回の浅井食堂は住宅街の中にあり、この土地に縁の無い人が訪れにはちょっと覚悟のいる場所でした。レッサーパンダもこのお店の事は聞いてはいたのですが、河合神社に出向かなければ一生この絶品ハンバーグを味わう事は無かったかもしれません。

本当にメリハリの効いた「ハンバーグと海老クリームコロッケ」のセットメニュー。

本当にメリハリの効いた「ハンバーグと海老クリームコロッケ」のセットメニュー。

本当に美味しい物に出逢うという事は一期一会です。これも河合神社の玉依姫命様のお導きかもしれませんね(笑)。本当に大満足のランチタイムでした。それでは、またね。

浅井食堂

住 所:〒606-0816京都市左京区下鴨松ノ木町43-1  富山コーポ1F

TEL:050-3494-5957

メニュー:浅井食堂ハンバーグ  1300円(税込)、 ハンバーグ130gとエビフライ2尾 1400円(税込)

ハンバーグ130gとエビクリームコロッケ  1200円(税込)など。 ともにワンドリンク付き。

交 通:地下鉄烏丸線 北大路駅 徒歩13分。京阪鴨東線 出町柳駅 徒歩13分。

※お店に駐車場は無いので車でお出かけの方はご注意を。

Sponsored Link




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)