toggle
2019-02-19

20年ぶりのスケート体験!ひらかたパークのウィンターカーニバルでびっくり!!

こんにちはレッサーパンダです。「最近、運動不足なので少し体を動かしたい」と思っていたところ、子供たちから丁度いい提案がありました。『スケートをしてみたい!!』らしいのです。生まれて初めてのスケート体験です。

開演20分前には大行列!冬の遊園地のお楽しみ!

最近、子供たちはテレビやインターネットでフィギュアスケートの紀平梨花選手をよく見ているようです。また、TVCMに登場する浅田真央さんも彼女たちの憧れです。選手たちの様に優雅にリンクを滑走するのが夢と申しております。そんな訳で今回は「ひらかたパーク」にあるスケートリンクに出かけました。日曜日の朝、開園を待って入場したのですが、オープンの20分前にはすでに入場券を求めるお客さんの大行列です。

午前9時40分。チケットを求めるお客の行列がテーマパーク並み。この行列の向こうには前売り券を持った入場待ちの家族連れが、これまた開園待ちの行列です。

午前9時40分。チケットを求めるお客の行列がテーマパーク並み。この行列の向こうには前売り券を持った入場待ちの家族連れが、これまた開園待ちの行列です。

ひらかたパークは関西では知られた遊園地です。これまで春や夏には訪れたことはあるのですが、冬にここに来るのは初めてです。てっきり「2月は閑散期」と勝手に思い込んでいたので、ちょっとビックリです。

夏のプールが素敵なスケートリンクに変身!

会場はウィンターカーニバルという名前が付いています。早速、スケートリンクの入場券を購入。パークの入場券以外にリンクに入るためのスケートチケットが必要です。

スケートリンクは園内の一番奥にあります。夏場はプール、冬場はウィンターカーニバル。

スケートリンクは園内の一番奥にあります。夏場はプール、冬場はウィンターカーニバル。

この場所、実は夏場はプールになっています。大人用の深いプールと子供用の狭いプールを上手に利用しているようです。スケート靴の貸し出しコーナーやロッカースペースも有料ですがちゃんと確保しています。

スケート靴は子供の15cm~大人用では最大30.5cmまで用意。大きな足でも大丈夫!

スケート靴は子供の15cm~大人用では最大30.5cmまで用意。大きな足でも大丈夫!

小さな子供たちにはヘルメットの無料貸し出しもあり、赤いヘルメットが何ともキュートです。

ヘルメットは子供専用かと思っていたらLサイズまであって大人も被っていました。

ヘルメットは子供専用かと思っていたらLサイズまであって大人も被っていました。

滑れない子供も大丈夫。スケート補助具『トナカイのトミー』の威力が絶大!!

大・小2つのリンクがあるのですが、まずは長い廊下状の「ベビーリンク」へ。本来は75cmの手すりが付いた幼児用のコーナーなのですが、久しぶりに滑る大人やリンクに出るのがまだ怖い小学生がお試しで滑っています。

本当は幼児のためのコーナーですが、ブランクのある大人もけっこう利用していました。

本当は幼児のためのコーナーですが、ブランクのある大人もけっこう利用していました。

そこで少し自信がついたら、いざ本当のリンクへ!・・・でも当然ですが生まれて初めてスケートに来た小学生が上手く滑れるはずはありません。リンク周りの手すりから離れられません。少し頑張って手すりから離れた途端に尻もちか、四つん這いです。まるで『生まれたての小鹿』状態ですね。

こちらが初心者用のリンク。初めての人やチョット自信のない人はまずこちらからどうぞ。

こちらが初心者用のリンク。初めての人やチョット自信のない人はまずこちらからどうぞ。

そこで登場したのが「スケートが上手くなる秘密兵器」です。リンクの横で貸出をしているスケート補助具「トナカイのトミー」です。

初心者(子供)用の補助具トナカイのトミー。レンタル料は30分で300円です。

初心者(子供)用の補助具トナカイのトミー。レンタル料は30分で300円です。

てっきり幼児用の玩具かと思っていたのですが、実はこのトミーのパワーが絶大!双子パンダ姉妹は約15分トミーを押しておっかなびっくりリンクを回ると、何ということでしょう!!いつの間にか一人で滑れるようになっているではありませんか。この人形を押しながら滑ることで体重移動が自然に身に着くようです。レンタル時間終了の5分前には「もうこれ要らない」・・・とお父さんが押して滑るはめになりました。「トナカイのトミー、侮りがたし!」です。

このトミー意外と高性能。押して滑るとあっという間に上達!

このトミー、意外に高性能。押して滑るとあっという間に上達!

子供たちは1日楽しみましたが・・・お父さんは・・・

子供たちは、1時間もすると広いリンク(大人や本格的に滑る人たちのリンク)で、流れに乗って滑れるまでに上達ました。転倒の怖さがなくなると楽しくてしょうがないようです。午前10時過ぎに滑り始めて、午後2時半までお昼ごはんも忘れて心行くまでスケート初体験を満喫したようです。

広いリンクをスイスイ滑る子パンダたち。意外と才能があるのかも知れない(親バカ)。

広いリンクをスイスイ滑る子パンダたち。意外と才能があるのかも知れない(親バカ)。

ところでお父さんパンダはどうだったかというと・・・実は学生時代にかなりスケートには出かけていていました。スキー、スケートなどウィンタースポーツ大好きだったのです。子供たちにカッコイイとこ見せようと滑りだして15分。子供たちが少し滑れるようになった途端に大転倒!!腰と右ひじを痛打して一瞬、息が止まりそうな大ダメージです。「スケートリンクってこんなに固いのね」と約20年のブランクを痛感しました。お母さんパンダから「明日、会社行けなくなったらどうするのよ!もう止めて!!」と残酷なドクターストップで本日終了です。初滑りを楽しむ子供たちを横目に何とも冴ええない1日となりました。でも周りを冷静に見ると派手に転倒しているのは、子供にいいところ見せようとするお父さんばかりです。何とも悲しい現実です(トホホ)。

「もう滑るな!」と言われた悲しいお父さんは氷上整備のマシーンを見るのが唯一の楽しみ。「世の中、色々な仕事があるんだなぁ。」と叔父さんの凄技テクニックにいたく感心してしまいました。

「もう滑るな!」と言われた悲しいお父さんは氷上整備のマシーンを見るのが唯一の楽しみ。「世の中、色々な仕事があるんだなぁ。」と叔父さんの凄技テクニックにいたく感心してしまいました。

もう一度行きたい!!と子供絶賛の冬企画

予想通り、子パンダたちはなかなか帰ろうとしません。スケートリンクの横には雪遊びコーナーや売店もあり1日遊べるような工夫がされています。遅いお昼ごはんを口実になんとかスケートリンクを後にすることができました。それにしても、ひらかたパークは巨大テーマパークに比べると小さな遊園地なのですが、「地元密着型でよく頑張っているなぁ」と感心してしまいます。

人工雪で雪遊びコーナーを整備するお兄さんたち。2時間に1度の重労働なのです。

人工雪で雪遊びコーナーを整備するお兄さんたち。2時間に1度の重労働なのです。

10年前までは閑古鳥が鳴く状態でしたが、まさにV字回復ですね。子供たちも「また来たい!!」と合唱しておりました。このウィンターカーニバル、3月3日まで開催されているそうで今シーズン2度目のスケート参戦になるかもしれません。やれやれ。

今日は地元の遊園地「ひらかたパーク」のウィンターカーニバルのお話でした。それでは、またね。

ひらかたパーク「ウィンターカーニバル」

開催期間:2019年3月3日(日)まで (土曜・日曜日は 10:00~17:00 )

入 場 料: おとな(中学生以上)2,000円、こども(2歳~小学生) 1,200円

スケート貸靴レンタル料金 600円

交  通:京阪電車「枚方公園駅」から徒歩約3分

問合せ:072-844-3475(開園日の10:00~閉園時間まで)

Sponsored Link




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)