toggle
2020-11-09

大阪の街を輝きで彩る「大阪・光の饗宴2020」開幕!!

レッサーパンダです。季節の移り変わりは早いもので、秋がすっかり深まり街はそろそろ冬支度です。そこで、もうすっかり冬の風物詩となりましたイルミネーションを見に出かけました。

会社帰りに上等な夜の散歩を楽しむ

11月3日(火)より恒例となりました「大阪・光の饗宴」が始まっています。もう開始から8年目となり大阪の冬の定番となっている街のライトアップ企画です。梅田の阪神百貨店の前から難波まで御堂筋沿いに約4kmという他に類を見ない大規模なイルミネーションです。実はレッサーパンダの会社から御堂筋のイルミネーションは近くて10分も歩けば辿り着けます。会社帰りにほんの少し遠回りすれば、とても贅沢な夜の散歩を楽しむことができるのです。

御堂筋の並木にLEDのイルミネーションがともります。すっかり冬の風物詩。

御堂筋の並木にLEDのイルミネーションがともります。すっかり冬の風物詩。

世界記録も持つ日本一長い光のプロムナード

このイルミネーション、実は2015年には世界記録として認定もされているそうです。公式な電球の数は発表されていないのですが、ある資料によると中之島界隈だけでも1万3000球の電球が使われているとのことです。御堂筋は南北4kmですから東西の通りやその周辺の協賛イベントでライトアップしているイルミネーションの数を入れると10万球は越えているのではないかと想像しています。理屈はさておき今年のイルミネーションは「街を元気に!!」をテーマに例年以上にパワーアップしているようです。

今年は例年以上に色彩にこだわりがあるとか。エリアごとにことなるLEDが使われています。

今年は例年以上に色彩にこだわりがあるとか。エリアごとにことなるLEDが使われています。

今年はあちらこちらに面白い仕掛けが

ことしの大阪・光の饗宴にはいくつかの目玉企画があります。例えばイルミネーションの色です。御堂筋全体を7つのゾーンに分け、ゾーンごとに違った色の電球を使っているのです。注目はエリアが変わるあたり。相互の色が混じりグラデーション表現をしています。御堂筋全体を北から南に歩いていくと徐々に色が変わっていくという演出が施されているのです。他にも初めて色彩が変化するフルカラーLEDが久太郎町3交差点から新橋交差点の区間に装飾されていたりします。

この写真は御堂筋・瓦町交差点の北側から南方面(難波方面)を見たところです。スマフォの写真ではこのスケール感と美しさを伝えきれないことがとても残念です!!

この写真は御堂筋・瓦町交差点の北側から南方面(難波方面)を見たところです。スマフォの写真ではこのスケール感と美しさを伝えきれないことがとても残念です!!

中でも面白いのは「AR拡張現実」を使ったイベント。スマートフォンでQRコードを読み込み、ARが設定されているイルミネーションにかざすと個性的なイラストや現実には無いイルミネーションと現実のイルミネーションのコラボを見ることができます。御堂筋沿いに5か所、ARスポットが設置されており各々違った仮想現実を見ることができるようです。

ファッションビル「淀屋橋odona」前。ARスポットには専用表示板が設置されています。

ファッションビル「淀屋橋odona」前。ARスポットには専用表示板が設置されています。

看板に表示されているQRコードをスマフォのカメラで読み込みイルミネーションにかざす。

看板に表示されているQRコードをスマフォのカメラで読み込みイルミネーションにかざす。

スクリーンショットでは分かりにくいのですが、実際はもっと綺麗に見ることができます。体験できる場所は「淀屋橋odona」「明治安田生命大阪御堂筋ビル」「御堂筋MTRビル」「本町ガーデンシティ」「真宗大谷派難波別院(南御堂)」 の5か所です。

スクリーンショットでは分かりにくいのですが、実際はもっと綺麗に見ることができます。体験できる場所は「淀屋橋odona」「明治安田生命大阪御堂筋ビル」「御堂筋MTRビル」「本町ガーデンシティ」「真宗大谷派難波別院(南御堂)」 の5か所です。

また、今年は街が明るく元気になるよう願いを込めた「折り鶴のオーナメント」装飾も登場しています。

イルミネーションはどうしても「一瞬見て通り過ぎる」ということが多いのですが、今年の大阪・光の饗宴は『立ち止まって見上げる』ということにもこだわっているようですね。

折り鶴をイメージしたオーナメント・イルミネーション。

折り鶴をイメージしたオーナメント・イルミネーション。

12月14日からはOSAKA光のルネサンス2020も開催

「大阪・光の饗宴」は毎年ハロウィンが終わると始まりますが、やっぱり本格的に盛り上がるのは12月に入ってからです。イベントの一環として12月14日(月)~12月25日(金)の期間「OSAKA光のルネサンス2020」も開催されます。大阪市中央公会堂のプロジェクションマッピングをはじめ、中之島エリア一帯がライトアップされます。コロナウイルスの影響で中止されるかと心配していましたが、現時点では開催が予定されているようです。こちらも本当に楽しみです。この素晴らしいアートフェスティバルも足を運ぶ価値ありです。

プロジェクションマッピングされた中之島公会堂。これは一昨年のOSAKA光のルネサンス。

プロジェクションマッピングされた中之島公会堂。これは一昨年のOSAKA光のルネサンス。

今日はすっかり大阪の冬の風物詩となった「大阪・光の饗宴」のお話でした。それでは、またね。

「大阪・光の饗宴」インフォメーションはこちら

「大阪・光の饗宴2020」の公式サイトはこちら

「OSAKA光のルネサンス」過去記事はこちら

Sponsored Link




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)