toggle
2018-05-21

中之島公園バラ園・3700株のバラが咲き競う、これぞ都会のオアシス!

レッサーパンダです。昨年の8月1日に、はじめて書いたブログの記事の中で「中之島公園のバラ園」を紹介しました。そのバラ園のバラが見ごろになっています。早速、出かけてみました。

淀屋橋、北浜エリアは大阪のオフィス街です。中之島公園はそのほぼ中央に位置します。

淀屋橋、北浜エリアは大阪のオフィス街です。中之島公園はそのほぼ中央に位置します。

会社帰りに寄り道できる有名観光スポット

中之島公園は大阪北区の中央を流れる堂島川と土佐堀川に挟まれた中州に位置します。よく「水の都・大阪」と呼ばれますが、大阪の象徴的なエリアの一つになっています。

北浜から難波橋を北に渡る橋の途中に中之島公園バラ園は広がっています。

北浜から難波橋を北に渡る橋の途中に中之島公園バラ園は広がっています。

その中之島公園の東側に大阪市最大のバラ園があります。東西約500m、面積約13,000平方メートルという広い敷地に、約310品種、およそ3,700株のバラ咲き誇ります。

遊歩道や休憩できるベンチもあり、ブラブラと気ままに散策するのにぴったりです。

遊歩道や休憩できるベンチもあり、ブラブラと気ままに散策するのにぴったりです。

実はこのバラ園、レッサーパンダの通勤路にありまして、会社から歩いて15分ほどの所にあります。10年以上、今の会社に勤めているのですが恥ずかしながら、昨年、初めて訪れました。(シーズンの終わり頃でした。)今年は何としても満開のバラが見たくて会社帰りに寄り道してみました。

まるで白いハイビスカスの様な美しいバラ。各コーナーごとにテーマがあります。

まるで白いハイビスカスの様な美しいバラ。各コーナーごとにテーマがあります。

咲き誇るバラに心癒される、これぞ都会のオアシス!

中之島バラ園はかなり広いのですが、大きく分けて3つのエリアに分かれています。京阪電車・北浜駅に近い「バラの庭」、公園の中央に位置し、バラの花を見ながら散策できる「バラの小みち」、公園の一番奥にある「バラの広場」です。

こちらのバラの花はまるで牡丹のようです。さぞやお世話がたいへんなのでは?

こちらのバラの花はまるで牡丹のようです。さぞやお世話がたいへんなのでは?

公園のバラはとても手入れが行き届いています。例えば、バラの植え方です。品種改良されバラが完成された年代ごとにバラが植えられています。足元に銘板がありますので、ご自身の生まれた年に出来たバラを探しながら歩いてみるのも楽しいのではないでしょうか。

バラの作られた年を書いたプレートです。有名な品種は年ごとに植えられています。  

バラの作られた年を書いたプレートです。有名な品種は年ごとに植えられています。

また、夜はライトアップされており、レッサーパンダの様に会社帰りの方も多く、案外遅い時間の方が、人が多かったりします。こんな中之島バラ園ですが、なんと入場は無料なのです。(驚きです!)早朝から深夜まで開放されており、いつでも自由にバラの花を楽しむことができるのです。

橋を渡った向こうにも広いバラの広場があります。

橋を渡った向こうにも広いバラの広場があります。

恋人たちや家族連れ、ジョギングを楽しむ人たちなど思い思いのスタイルでバラを楽しむ姿は、本当に「都会のオアシス」です。

お腹がすけばリバーサイドのレストランでひとやすみ

公園内には「“R”RIVERSIDE GRILL&BEER GARDEN(アール・リバーサイドグリル&ビアガーデン)」という期間限定でバーベキューが楽しめるレストランもあります。

園内にあるビア・レストラン。店の前にはテラスがありテイクアウトも楽しめます。

園内にあるビア・レストラン。店の前にはテラスがありテイクアウトも楽しめます。

涼しい川沿いで遊覧船を見ながら冷たいビールをキュッ!も良いのですが、レッサーパンダのおすすめはテラスでのテイクアウトです。

テイクアウトのドリンクとドックを持ってバラ園の見えるテラスでひと休みです。

テイクアウトのドリンクとドックを持ってバラ園の見えるテラスでひと休みです。

ビールやジュース、ホットドックなどを買って店の前にあるテラスで綺麗なバラを見ながらのんびりするのがレッサーパンダ流です。美しいバラを見ながらの休憩は本当に心和みますね。

目の前の川では「大阪城公園」から「土佐堀港」を結ぶ遊覧船の行き来が見えます。

目の前の川では「大阪城公園」から「土佐堀港」を結ぶ遊覧船の行き来が見えます。

バラ園でのリフレッシュが毎年の恒例になりそうです

このバラ園がある中之島公園は大阪市役所に近く、周りはオフィッス街です。都会の喧騒の真っただ中という位置にあるのですが、堂島川と土佐堀川にはさまれているせいか、とても静かです。

午後7時。夕暮れ時のバラ園ではライトが点灯されます。ロマンチックな雰囲気です。

午後7時。夕暮れ時のバラ園ではライトが点灯されます。ロマンチックな雰囲気です。

また、平日の夕方は中国系の外国人観光客が少ないのも嬉しいですね。本当に絵に描いたような「市民の憩いの場」となっています。この場所にこんな大きなバラ園を作ろうと企画した人たちに感謝です。

ライトアップされた夜のバラ園も素敵です。この時刻、絶好のデートスポットになります!

ライトアップされた夜のバラ園も素敵です。この時刻、絶好のデートスポットになります!

高いお金を払って有名な公園や植物園に行かなくても会社帰りに気楽に寄り道できる中之島バラ園は最高です。これから毎年、5月の恒例になりそうです。それでは、またね。

中之島公園バラ園

場所:大阪市北区中之島1

交通:

○市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅から徒歩約5分

○市営地下鉄堺筋線 北浜駅から徒歩約5分

○京阪中之島線 なにわ橋駅から徒歩約3分

○京阪本線 北浜駅から徒歩約5分

入場料:無料

開花期間:春 5月中旬~下旬、秋 10月中旬~下旬

※今年は暖かいので咲きはじめが早かったようです。満開を見たい方は早めのお出かけを!

レストラン「アール・リバーサイドグリル&ビアガーデン」

開催期間:4月1日から9月30日

営業時間:

平日ディナー 18:00~23:00

土日祝ランチ 12:00~16:00

※ドリンクやホットドックなどのテイクアウトもあります。

Sponsored Link




タグ: , ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)