toggle
2018-07-25

萬珍楼點心舗(まんちんろうてんしんぽ)ホテルのコンシェルジュがすすめる飲茶の名店

レッサーパンダです。先日、出張で東京から横浜へと転戦したときのお話です。横浜で昼食をとることになったのですが「何が食べたい?」と聞かれました。そこで「横浜中華街で中国料理!」と答えました。実はレッサーパンダは横浜の中華街に足を踏み入れたことが無かったのです。

ホテルから眺める横浜の港の風景。遠くには横浜ベイブリッジも見えます。

ホテルから眺める横浜の港の風景。遠くには横浜ベイブリッジも見えます。

地元のことは、地元の人に聞くのが一番!

いざ中華街に行くことにはなったのですが、レッサーパンダたちは途方に暮れてしまいました。なぜかというと、中華街のオフィシャルガイドマップというのがあって、それを見ると目ぼしい中国料理店だけでも130店以上あります。いったいどこの店が美味しくて、満足度が高いのかさっぱり見当がつきません。困り果てていましいたが、やっぱり地元のことは地元の人に聞くのが一番です。そこで、宿泊した横浜ベイホテル東急でおすすめの店を聞いてみました。対応してくださったのはフロントの女性。コンシェルジュのリーダーのような方で、上品なおば様です。「それでは飲茶が美味しいお店をお教えしますね。私たちも仕事の帰りに良く行く、間違いなしのお店です。」と紹介されたのは萬珍楼點心舗(まんちんろうてんしんぽ)という老舗の中国料理店です。親切に予約まで入れてくださいました。

横浜中華街の象徴「朝陽門」色とりどりの細かな装飾が美しい。

横浜中華街の象徴「朝陽門」色とりどりの細かな装飾が美しい。

明治25年創業。中華街で初めて飲茶をオーダースタイルで提供したお店

萬珍楼は中華街の北西、地下鉄の元町中華街駅から歩いて5分ほどの場所にあります。中華街の玄関口・長陽門から北西に向かって歩きます。萬珍楼は明治25年に創業の中国料理店で広い中華街でも指折りの老舗です。萬珍楼本店と萬珍楼點心舗があり、本店では主にコース料理や広東料理の逸品が提供され、団体客も受入れています。

萬珍楼點心舗の正面玄関。入口には朝陽門によく似たデザインの門が設置されている。

萬珍楼點心舗の正面玄関。入口には朝陽門によく似たデザインの門が設置されている。

片や萬珍楼點心舗は地元の少人数のグループ客やカップルなどが足を運ぶ「通好み」のお店です。名前のとおり点心や飲茶が名物で60種類の点心メニューが用意されています。ちなみに、この萬珍楼は飲茶を個別に注文するスタイル(オーダーバイキング)を中華街で始めたお店としても知られているようです。

広い店内。皆とてもゆっくり、ゆったりランチを楽しんでいます。ほとんど地元の人々。

広い店内。皆とてもゆっくり、ゆったりランチを楽しんでいます。ほとんど地元の人々。

専門調理師が作る極上の点心にしびれる

駅から35℃を超す炎天下をてくてく歩いてきましたので、まずは冷たいお水をコップに1杯。(あ~ぁ、くたびれた)そのあと可愛いいポットに入った中国茶を飲みながら料理の注文です。

とても可愛らしい茶器のセット。買って帰りたくて売店を探しましたが見当たらず。

とても可愛らしい茶器のセット。買って帰りたくて売店を探しましたが見当たらず。

60種類以上ある点心と小皿料理、どれも美味しそうでなかなか注文が決まりません。迷い迷って「叉焼キシメン包み」、

「叉焼キシメン包み」つるつるの皮に包まれた食べ応えのあるチャーシュー。

「叉焼キシメン包み」つるつるの皮に包まれた食べ応えのあるチャーシュー。

「牛肉包みオイスターソース」、「小籠包」、「貝柱肉シュウマイ」、「こぶた餃子」を注文しました。

「牛肉包みオイスターソース」八角の香りが抜群です。

「牛肉包みオイスターソース」八角の香りが抜群です。

さすが香港から招かれた特級の専門調理師が作るだけあって、どれも一味違います。八角の甘い独特の香り、オイスターソースの深い味わい、お酢と生姜を利かせた漬けダレで食べる小籠包の深いスープの味。

かなりしっかりした皮の小籠包。食べ応えがあります。熱々です。

かなりしっかりした皮の小籠包。食べ応えがあります。熱々です。

お店がすすめる食べ方は生姜酢につける方法。小籠包のスープと相性がとても良い!!

お店がすすめる食べ方は生姜酢につける方法。小籠包のスープと相性がとても良い!!

どれも本格的です。外の暑さで悲鳴を上げていた胃腸が一変に元気になり5種類のおおぶりな点心を平らげました。

「貝柱肉シュウマイ」これこれ!貝柱がぎっしり詰まったこの焼売が本当に最高!!

「貝柱肉シュウマイ」これこれ!貝柱がぎっしり詰まったこの焼売が本当に最高!!

デザートも広東風、最後まで新鮮な驚きが

飲茶がけっこう食べ応えがあり、かなり満腹だったのですが、デザートメニューを見るとこれがまた魅力的です。またもや悩み悩んで2種類のデザートを注文しました。「苺とマンゴのチャイナトライフル」と「杏仁ムース白桃ソース」です。

「杏仁ムース白桃ソース」白桃の香りがとても爽やか。

「杏仁ムース白桃ソース」白桃の香りがとても爽やか。

どちらも一見、洋風スイーツなのですが、食べてみるとビックリ!しっかり中国料理しています。レッサーパンダが驚いたのは「苺とマンゴのチャイナとライフル」の中から出てきた中華蒸しパン。この中国風甘味とアイスクリームの相性が抜群です!

「苺とマンゴのチャイナとライフル」フォトジェニックなデザート!

「苺とマンゴのチャイナとライフル」フォトジェニックなデザート!

食べながら心底感心してしまいました。よく甘い物は別腹などと言いますが、全くその通りですね。

中から出てきた中華蒸しパンにびっくり!クリームと良く合う事に新鮮な驚きがあります。

中から出てきた中華蒸しパンにびっくり!クリームと良く合う事に新鮮な驚きがあります。

疲れた体によく効く中国料理、「医食同源」は本当ですよ!

中国の古くからの考え方に「薬食同源」という思想があります。しっかり食べることは、体に良い薬になるという意味らしいです。今回、萬珍楼點心舗に来店した時は、暑さと仕事の疲れで胃腸が「ぐったり状態」だったのですが、飲茶の美味しさにしびれながら、次々と料理を平らげている内に徐々に元気を取り戻しました。「薬食同源」、「医食同源」は本当に嘘ではなかったんだなぁ・・・と身をもって感じました。レッサーパンダにとって初めての横浜中華街の思い出は『元気の出る飲茶』となりました。

可愛いい「こぶた」の餃子。可愛すぎて食べるのがもったいない感じです。

可愛いい「こぶた」の餃子。可愛すぎて食べるのがもったいない感じです。

またチャンスがあれば元気をもらいに横浜中華街を訪れたいと思います。今日は出張先で食べた極上の飲茶のお話でした。それでは、また。

萬珍楼點心舗(まんちんろうてんしんぽ)

住    所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町156番地

電    話:フリーコール:0120-400428

営業時間:11:00~22:00(年中無休)

交     通:

・JR京浜東北根岸線 石川町駅北口下車徒歩5分

・JR京浜東北根岸線 関内駅南口下車徒歩7分

・みなとみらい線 元町中華街駅 2番出口より徒歩5分

・みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分

料金:本日頂いたのは

「叉焼キシメン包み」900円

「牛肉包みオイスターソース」840円

「小籠包」720円

「貝柱肉シュウマイ」1,600円

「こぶた餃子」980円

「苺とマンゴのチャイナとライフル」830円

「杏仁ムース白桃ソース」650円

Sponsored Link




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)